投資嫌いの夫が投資を始めるまでの話②(後編)妻、夫に考えを理解してもらうには?

ままさんた

こんにちは、ままさんたです

続きです。前回はこちらをどうぞ。

あわせて読みたい
投資嫌いの夫が投資を始めるまでの話①(前編)妻、夫に考えを理解してもらうには? ままさんたです こんにちは 我が家は、共働き家庭で子供が一人います 現在、世帯の貯金の半分以上(おそらく)を 株式や債券などの投資による資産運用をしています 私も...

前回、両学長ごと夫にぶった斬られたところで終わりました

記事を書きながら、ぶった斬られた当時の切ない想いが蘇りました、、、。

夫が言うには、投資への説明を受けて

壺買わされてるみたいとのこと

嘘くさい、詐欺みたい

ということですね

ままさんた猫

うん、全否定ですね❤︎

何故、夫はこんなこと思うのかしら

それは、、、

  • 夫がそもそも聞きたい話ではない(しかも夫がそもそも懐疑的な投資話)
  • 私が夫に信頼されていない

この二点に尽きると思います。

聞きたい話ではない

人って、『話』を聞くとき

実は『聞く準備』がもうできてます

その話が気になってたり、興味がある、

または話の内容が予想できている、から聞いてくれるんです。

この記事を読んでくれてる方も

ままさんたのつまんない愚痴を聞く準備ができてるんです

ままさんた猫

ほんと読んでくれてありがとうございます

街角で急に呼び止められて、私の話聞いてください!とか言われても

よっぽど暇じゃなきゃ、怪しくて聞きたくないですよね

あの時の夫にとって、私はただの街角で声をかける人ですね

配偶者ってことで、気を遣って話を聞いてくれただけですね

信頼されてない

信頼してない人の話は聞いても意味ないですよね

悲しいですねぇ、、、

一応結婚しているので

私の全部が信頼できないわけではないと思います、た、たぶん

私のお金に対する知識に対して信頼がなかったんだと思います

こればっかりはしょうがない、信頼されてないんだもん

信頼してたら話真剣に聞いてくれるもんね、、、

夫と結婚して育児を始めて

よく思うこの言葉

日々の姿勢が一番大事ですよね

勧誘失敗後にどうしたか

というわけで

  • 投資にとにかく興味がない
  • 私が夫に信頼されていない

この二点を変えるために

とにかく、日々の姿勢を努力する!

投資を日々実行する、勉強する背中を見せるようにしました

ままさんた猫

急にかっこいいな

具体的には、

  • 息子のジュニアNISAの証券会社の損益報告書が届くたびに、さりげなく置いておく(損してないよアピール
  • 投資をする上で得た社会情勢や時事問題で夫が興味ありそうなことを話してみる(色々勉強してるよアピール
  • 暴落時に、積み立てだから予想範囲内、むしろいっぱい買いたいよね、と、やせ我慢を言う(投資はギャンブルじゃないよアピール
  • 暴落してマイナスになったら、やせ我慢継続&マイナスになった損益報告書は見せない

以上を実行、継続しました!

ままさんた猫

それ、ほんとに背中見せてんの?

ままさんた

、、、。

騒がず、慌てず、とにかく積み立て続けて、勉強を続けて、結果だけたまに見せて

絶対に自慢するような浮かれた態度は出さず、、、

とにかくこれを続けました

ままさんた猫

信頼されたい、信頼されたい、信頼されたいー!!

そんなこんなしてるうちにコロナ襲来

びっくりしました

2020年3月コロナショック

3月世界でパンデミックになるとともに

株式市場大暴落

  • あぁ、暴落ってこういうことなんだ
  • 本当に今まで含み益だった資産も、一気に含み損になるんだな
  • 市場にはサーキットブレーカーってシステムがあるんだ
  • まぁ、サラリーマンだし、生活の心配はない、毎月とにかく積み立てよう

なんて、あまりの暴落に呆気に取られて、なぜかのんびりしていました

投資を初めて暴落までの数年で、ひたすら投資の知識を深めたり

自分の投資の方向性の軸を考えたりしていたので

あまり動揺しなくて済んだのかもしれません

ままさんた猫

ちゃんと投資と向き合ってきた成果じゃのう

というわけで、投資は特に動くことなく、とにかく積み立てを継続しました

夫に対しての態度も同じく継続

夫は本当に興味がないので、コロナショックもあまり知らず

株大丈夫?などの言葉も一切ありませんでした

コロナショックからの回復期にチャンスが

株価もリバウンドし、世界的に金融緩和が起こりました

いろんな国が(主にアメリカ、日本、ヨーロッパ)低賃金労働者を救うべく

お金を刷ったり、債券や株を買い支えたり、給付金を出したりしました

この国のお金ばらまき行為とその結果の貧富の格差拡大を目の当たりにして

投資をしてないということがいかにリスクがあるかを本当に感じました

また、こんなにお金をばらまいたらインフレが起こり

今後預金しているお金の価値は暴落するのでは、、、という恐怖も感じました

この気持ちをぽつりぽつり

ふとした時に雑談として

自分の言葉でゆっくり夫に伝えました

雑談のつもりだったのでどのタイミングで何を話したか

自分自身、正確に覚えてなくて申し訳ないのですが

私が言った内容で

  • 暴落時に国が株や債券を買い支え、金持ちをさらに金持ちにさせようとする
  • 現金は腐ってしまうかもしれない

などの言葉が、夫に響いた模様

だんだん投資に対する印象もかわったようで

時々、投資や社会情勢に関する質問を私にするようになりました

質問された時に息子の口座を中心に、投資実績も見てもらいました

そして、そのうちに

どうせ俺のお金は腐る金だから、、、

とか自虐的な冗談を言い始めました

ままさんた猫

あ!これは夫が投資を始めるチャンスがきた
本人も背中を押して欲しいんだ!

一応妻なので、夫の変化に気付き

そのタイミングで再度投資について話をしたところ(今度は自分の言葉で

夫も投資について真剣に考え、色々な質問を私に投げかけ

私もできる範囲で一生懸命に答えていたら

合格したようで

ようやく夫が投資を始めてくれることになりました

ままさんた猫

うれぴー❤︎
あれ?でもなんで夫は顧客的な上から目線?ま、いっか❤︎

人に自分の話を理解してもらう(聞いてもらう)には

結局何が良かったのか?

最初に戻ります

  • 相手が聞きたいタイミングに話すこと
  • 相手に信頼されること

投資の話ではなくとも

人生全てこれですよね

相手のタイミングが来るまで、辛抱強く待って機会を逃さないこと

信頼されるまで自分の努力を続けること

ままさんた猫

自分で自分を褒めたいと思います!!
コロナショック感謝!!

家族・配偶者に投資を理解してもらうには

なんの話かわからなくなってきましたが

家族に投資を理解してもらうには、の話に戻すと

うちの夫の場合は

最初は完全に投資否定派だったので時間が必要でした

さらに夫は、基本世間や政策を斜に構えて見る懐疑的な人なので

正攻法のアプローチ(投資の本や動画教材)は向かない人だった

夫後日談では

私が投資についてメリットばかり話しているときは不信感が募った

暴落時に資産が半分になったりするリスクがある、など

リスクを隠さず、むしろ大きく伝えてもらったほうが説得力がある

と言っていました

ままさんた猫

でもさ、インデックス投資の話を説明すると
良くできた詐欺っぽい話みたいな説明になっちゃわない?

これに関してはうちの夫が天邪鬼だからで

伝え方は個々の家庭の伝えたい方の性格でアレンジが必要だと思います!

投資にアレルギーがある人って多いですよね

その人を説得するには時間がかかると思います

結局ままさんたは夫が投資を始めるまで

自分が投資を始めてから4年、説得を試みてから2年かかりました

長いか、短いか、、、

人によって意見は分かれそうですね

投資を始めるまでに時間がかかると、勉強した初心者投資家なら

ままさんた猫

もったいない、その時間!機会損失!!

と思ってしまいますよね

その気持ち痛いほどわかりますが

一番やってはいけないのは、無理に自分の考えを押し付けること

家族が拒否しているのに

勝手に投資を始めてしまうと(特に相手の資産に当たる分は)

今後の家族関係において何よりも大事な信頼を失い

二度と取り戻すことができないかもしれないので

ままさんた猫

そんな大きいリスクは
取らないほうが良いよ!

と個人的には思います

おわりに

めちゃ長い記事になってしまいました

ここまで読んでくれた方ありがとうございます

ここまで読んでくれたということは

家族に理解してもらいたい方ですよね?

ままさんた猫

皆さんのご武運を祈っています!!
ご家族の理解が得られますように!!

それではまた

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!